Return to top

医療法人社団 飛翔会 寛田クリニック

住所
広島市南区稲荷町3-20 トーレ稲荷町2F
T E L
082-261-7030
H P
https://www.hishokai.or.jp/kanda/
駐車場

近隣の有料駐車場をご利用ください

スポーツ医療の経験を生かした、運動療法中心の医療を提供

運動を通じて全ての人を健康に導くことを使命にしながら、「良質の医療を最高のホスピタリティで」というスローガンのもと、最強のチームで質の高い医療を提供。
広島県内におけるスポーツ医療の先駆者でもある。

診療案内

主な診療内容  
整形外科・
リハビリテーション科・
リウマチ科
膝・肩・腰・骨・関節疾患、骨粗しょう症、外科(骨折・捻挫・脱臼・打撲など)
スポーツ障害、交通事故、仕事中のけが(労災事故)
理学療法、運動療法、物理療法
関節リウマチ・痛風の早期診断と治療
主な設備 骨密度測定装置、オープン型MRI

 

診療時間

 
9:00~12:30 休診
15:00~18:30 ◯※ 休診

*日曜・祝日は休診 ※土曜午後は17:00まで

アクセス

本書の一部をPDFで立ち読みできます。続きは、書籍でご覧ください。

迷った時のかかりつけ医

飛翔会グループが提供する良質の医療とは

スポーツ医療を基盤として、「最高のホスピタリティ」を提供

ここまで、飛翔会グループの4つのクリニックを紹介してきた。ところで、飛翔会グループが提供する「良質の医療」とは何だろうか。
日々進歩を遂げる医療知識、技術を吸収して、最新、最善の医療を提供すること、一般の患者にスポーツ医療経験のノウハウを生かした運動療法中心の医療を提供すること、患者のあらゆるライフスタイル(家庭・職場・趣味・スポーツなど)に沿った早期の現場復帰のための医療を提供すること、予防医学である抗加齢医学(アンチエイジング)や生活習慣に伴う未病(※)の段階からのケアを提供して、充実した人生を送ってもらうこと、などである。
また、飛翔会が提供する「最高のホスピタリティ」とは―。安心、確実、信頼、そして家族や友達のような距離感で医療を提供することだと考えている。
スタッフ一人ひとりの能力を効率よく最大限引き出し、お互いにアシストできる最強のチーム、それが「最高のホスピタリティ」を提供できる基盤と考えている。

「長年、スポーツ医学、アスリート治療に携わってきたので、飛翔会はスポーツ医療を基盤とした地域貢献を使命としています」と寛田理事長は力説する。

「運動」を活用した質の高い医療をめざす

飛翔会グループは1995年、寛田クリニックを開業したことから始まる。
その後、2001年の高陽整形外科クリニック、2005年の呉整形外科クリニックとメディカルフィットネスクラブ「ウイング呉」の開設、さらには2008年の福山整形外科クリニックの開設と、徐々に展開をしてきた。
整形外科・内科疾患に限らず、スポーツ障害・外傷までを対象として、診察から検査、リハビリテーションまでの一貫したシステムで診療を行う。スポーツ医学の経験を一般治療に生かし、「運動」を活用した予防医療、生活習慣病の治療を追求している。アスリートに対しては、スポーツ種目やその動作を考慮し、筋力、柔軟性、バランスを含めたコンディショニングや早期の競技復帰を支援。
地域の健康についてもサポートを行う。地域に開かれた施設を運営し、理学療法士、トレーナー、鍼灸師、あんま・マッサージ指圧師、柔道整復師などの知識、技術を生かし、また、西洋医学だけでなく東洋医学、補完医療など、人間が本来持っている自然治癒力を高める、より質の高い医療の提供をめざしている。