Return to top

ブリッジの最新治療 ――長期的に維持できる無理のない設計を

広島大学病院 咬合・義歯診療科安部倉 仁 外来医長・診療准教授

あべくら・ひとし。1957年島根県生まれ。1983年広島大学歯学部卒業。1993年歯学博士(広島大学)。2006年広島大学病院診療准教授。日本補綴歯科学会専門医。日本補綴歯科学会。日本歯科理工学会。日本顎関節学会。日本顎口腔機能学会。

もし、歯が抜けたときには、どうしたらいいのでしょうか? 「1本くらいなら大丈夫」と放置しておくと、次第に大変なことになってしまい、抜けた隣の歯が傾いてきたり、反対の歯が伸びてきたりすることで、噛み合わせが悪くなることもあります。ここでは、ブリッジ治療を数多く手がけている広島大学病院咬合・義歯診療科の安部倉仁診療准教授に話を伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。