Return to top

歯内療法(根管治療)で健康な歯を長持ちさせる

吉岡デンタルキュア吉岡 俊彦 院長

よしおか・としひこ。1981年広島市生まれ。2007年東京医科歯科大学歯学部卒業、広島大学病院歯科研修医修了。2012年東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野修了。同大学歯学部付属病院医員などを経て、2016年より現職。歯学博士。日本歯科保存学会。日本歯内療法学会(専門医・代議員・ガイドライン策定委員会委員)など。

歯の内部には、歯髄と呼ばれる軟組織があり、この部分に感染した細菌を取り除くことで歯の寿命を長持ちさせることができます。ところが、歯髄は人それぞれ数や形態が異なるため、細菌の除去や洗浄が徹底できない場合があります。そんな場合に頼れるのが、歯内療法専門医です。ここでは、広島県初の歯内療法専門歯科医院を開院し、高精度な専門機器と深い知識で状態を正確に見極めて的確な診断・治療を行っている、吉岡デンタルキュアの吉岡俊彦院長に話を伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。