Return to top

審美歯科治療の最新動向 ――ホワイトニングとクラウン

広島大学病院 咬合・義歯診療科安部倉 仁 外来医長・診療准教授

あべくら・ひとし。1957年島根県生まれ。1983年広島大学歯学部卒業。1993年歯学博士(広島大学)。2006年広島大学病院診療准教授。日本補綴歯科学会専門医。日本補綴歯科学会。日本歯科理工学会。日本顎関節学会。日本顎口腔機能学会。

広島大学病院 歯科保存診療科西藤 法子 助教

さいとう・のりこ。1984年広島県生まれ。2009年九州歯科大学卒業。2014年同大学院博士課程修了、九州歯科大学口腔保存治療学分野助教。2018年広島大学病院歯科保存診療科助教。日本歯科保存学会歯科保存治療専門医。

審美歯科治療の際に効果的なのが、歯を漂泊するホワイトニングや、削った歯の上に人工の歯を被せるクラウン(冠)です。見た目を重視する方が増えている時代背景の中、近くの歯科医院で審美歯科治療を行ったものの、「期待していたほどの白さにならなかった」「思ったような見た目にならなかった」などの不満や注文も少なからず聞かれます。ここでは、審美歯科治療の内容や治療を受ける際の注意点などについて、広島大学病院の安部倉仁診療准教授と西藤法子助教にお話を伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。