Return to top

矯正歯科治療の重要性とは ――健康や発育に影響する歯並び

広島大学病院 口腔健康発育歯科・矯正歯科 歯学部副学部長谷本 幸太郎 教授

たにもと・こうたろう。1967年広島県生まれ。1992年広島大学歯学部歯学科卒業。1999年同大学助手。2007年同大学病院講師。2013年同大学大学院医歯薬保健学研究科歯科矯正学教授。日本矯正歯科学会(指導医・認定医)。中・四国矯正歯科学会(副会長)。日本顎関節学会(指導医・専門医)。日本再生医療学会(認定医)。日本口蓋裂学会。日本顎変形症学会。The Edward H. Angle Society of Orthodontics。

歯並びや噛み合わせの異常(不正咬合)を治療する矯正歯科は、正しく機能的な噛み合わせとバランスのとれた口元を作り出すだけでなく、歯周病・むし歯・咀嚼障害などの予防にもつながる重要な歯科です。ここでは、矯正歯科治療とはどんなものか、矯正歯科の役割と治療内容、かかりつけ矯正歯科医院のかかり方などについて、広島大学病院矯正歯科の谷本幸太郎教授に伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。