Return to top

本当に知りたい!インプラントの話 ――インプラント治療を安心して受けるために

広島大学病院 口腔顎顔面再建外科 診療科長 口腔インプラントセンター長武知 正晃 准教授

たけち・まさあき。1994年徳島大学歯学部歯学科卒業。1998年同大学助手。2002年トロント大学在外研究員。2006年広島大学大学院顎口腔頚部医科学講座講師。2007年同准教授。2017年歯学講座口腔外科学准教授。歯学博士。日本口腔インプラント学会専門医・指導医。日本顎顔面インプラント学会指導医。日本口腔外科学会代議員・専門医・指導医。日本口腔科学会評議員・認定医・指導医。日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医。

歯を失ったときの治療として、入れ歯やブリッジに次ぐ、第3の治療法として注目されているインプラント。現在では、多くの人がインプラント治療を普通に受ける時代になってきています。しかし、「痛みが取れない」「高いお金を出したのに治療が失敗した」などのトラブルも増加。全ての患者が成功する治療では決してなく、また、歯科医なら誰でもできるというわけにいかないのがインプラント治療の難しさです。ここでは、インプラント治療の具体的な内容や注意点などを、広島大学病院口腔インプラントセンター長の武知正晃准教授にお伺いしました。

※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。