Return to top

睡眠時無呼吸症候群の歯科的アプローチ

松本歯科医院松本 浩一 院長

1963年広島市生まれ。1987年広島大学歯学部卒業。広島大学歯科補綴学第二講座、倉敷第一病院、甲奴町歯科診療所を経て、1993年松本歯科医院開院。2007年現在地移転。日本睡眠学会。日本睡眠歯科学会。日本睡眠歯科学会評議員。

睡眠中に繰り返し呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」。現在、この症状を持つ患者は国内で400 ~ 500 万人といわれています。大きないびきが特徴で、いびきが止まっている間は呼吸も止まるため熟睡できず、昼間に眠気が生じて記憶力や集中力が低下。臓器や脳に十分な酸素が届かなくなるため、高血圧、糖尿病、脳卒中、虚血性心疾患などの生活習慣病のリスクが高まるとの報告もあります。ここでは、歯科領域からのアプローチで睡眠時無呼吸症候群の治療に長年取り組んでいる、松本歯科医院の松本浩一院長に話を伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。