Return to top

歯科と医科の連携による口腔ケアは全身疾患の予防に効果的

広島大学病院 口腔総合診療科 連携口腔ケアサポートチーム副代表西 裕美 診療講師

にし・ひろみ。2000年広島大学歯学部歯学科卒業。2004年同大学院歯学研究科歯学臨床系(口腔外科学第二)専攻修了、同大学歯学部産学官連携研究員(口腔細菌学)。2007年同大学病院助教(口腔顎顔面再建外科)。2009年ボストンフォーサイス研究所(免疫学)。2012年同大学病院診療講師(口腔総合診療科)、同大学病院連携口腔ケアサポートチーム副代表併任。

医科の治療中に起こる合併症には、口の中の細菌が原因のものが少なくありません。感染源となる歯の治療や口腔管理を行うと、口の中の細菌数が徐々に減少するため、口腔ケアで術後の傷口の感染や肺炎が減り、平均的な入院日数も短くなります。ここでは、歯科と医科の連携の重要性について、広島大学病院連携口腔ケアサポートチーム副代表でもある同大学病院口腔総合診療科の西裕美診療講師に話を伺いました。

※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。