Return to top

「広島歯科医療安全支援機構」 ――院内感染や医療事故の防止に向けて

広島大学病院 歯周診療科栗原 英見 科長・教授

くりはら・ひでみ。1954年千葉県生まれ。1980年広島大学歯学部歯学科卒業。岡山大学歯学部助手、同助教授を経て、1995年広島大学歯学部教授。歯学博士。専門分野は歯周病学。日本歯周病学会歯周病専門医・指導医。日本歯科保存学会指導医。

「広島歯科医療安全支援機構」は、広島県内の個人開業の歯科医院で行われている、院内感染や医療事故を防ぐための取り組みを支援する組織です。ここではこの組織の意義や活動内容などについて、機構長である広島大学病院歯周診療科の栗原英見教授に話を伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。