Return to top

糖尿病などの生活習慣病と上手に付き合うために

広島大学病院 内分泌・糖尿病内科 診療科長米田 真康

よねだ・まさやす。1974年生まれ。1999年広島大学医学部卒業。中国労災病院、東広島医療センター勤務などを経て、2011年より広島大学病院内分泌・糖尿病内科助教、2014年より同科講師、2016年より同科診療科長。日本糖尿病学会専門医・研修指導医・学術評議員。日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・中国支部評議員。広島県糖尿病療養指導士認定機構理事。広島県医師会糖尿病対策推進会議幹事。

糖尿病や高脂血症を代表とする生活習慣病は、現代人の慢性疾患といわれており、最新のデータでは、国内の糖尿病患者は1000万人を突破したと報告されています。ここでは、糖尿病と高脂血症を中心に特徴や治療および、県内の医療の現状や上手な付き合い方について、広島大学病院内分泌・糖尿病内科の米田真康診療科長に話を伺いました。

糖尿病、高脂血症の原因と特徴

三大栄養素と呼ばれる、糖質(炭水化物)、脂質(脂肪)、たんぱく質のうち、さまざまな原因により糖代謝が障害され、血液中の糖の濃度(血糖値)が異常に上昇するのが「糖尿病」です。一方、脂質代謝が障害され、血液中の脂質であるコレステロールや中性脂肪の濃度が上昇するのが「高脂血症」です。濃度が低下する「低脂血症」も異常なので、最近では高脂血症と低脂血症を合わせて「脂質異常症」と呼ぶことが一般的です。

どちらの疾患も遺伝素因の影響がありますが、食生活の欧米化や運動不足といった生活習慣の関連が大きく、「高血圧」と並んで「生活習慣病」と呼ばれ、それぞれが動脈硬化の危険因子と考えられています。そして肥満、特に内臓脂肪の蓄積による腹部肥満を基盤にして、このような多くの危険因子が複合した状態を「メタボリックシンドローム」と総称しています。

糖尿病や脂質異常症は、発症初期の軽微な段階では自覚症状がないので、血液検査を受けない限り、自分がその病気になっていることに全く気付きません。そこが最大の落とし穴です。代謝異常に気付かないまま何不自由なく過ごしていても、血液中の糖や脂質の濃度は高いまま、全身の血管が障害されている可能性があります。糖尿病の場合は、細い血管が障害されると、網膜症、腎症、神経障害といった特有の合併症を生じます。また、糖尿病および脂質異常症では、脳や心臓の太い血管が詰まり、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞などの「動脈硬化症」を引き起こします(図1参照)。

血液検査で診断を行う

糖尿病の検査としては、その名の通り尿糖を調べていた時代もありましたが、現在は糖尿病も脂質異常症も診断は血液検査で行います。自治体が40歳以上の住民に実施している特定健康診査(いわゆるメタボ健診)や、多くの施設で行われている生活習慣病健診などで簡単に調べられます。

血糖値や中性脂肪値は食事の有無によって値が大きく変わるので、健診時には空腹時の採血で判定するのが一般的です。しかし、最近は空腹時の血糖値は正常範囲内であっても、食後に血糖値が急上昇する「食後高血糖」「血糖スパイク」が問題になっています。これらは、糖尿病の前段階であるとともに、動脈硬化を引き起こすことが分かっています。ほかには、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)という1〜2か月間の平均血糖を示す指標があって、正常は6・2%未満ですが、6・5%以上になると糖尿病の可能性が高くなります(図2参照)。

治療は生活習慣の改善が基本

食事療法が最も重要ですが、ここで強調したいのは糖尿病は糖質(炭水化物)を、脂質異常症は脂質(脂肪)を、単にそれらのみを制限すれば良いというものではありません。ある1つの栄養素の摂取を制限すれば、血液検査でその栄養素が一時的に改善することはあるかもしれませんが、栄養素バランスを崩した食事を長期にわたって続けることで他の健康被害を生じ、結局は健康長寿につながらないことになってしまいます。

食事療法の基本は、適正な摂取カロリー(量)と栄養素バランス(質)、そして規則正しい食生活です。具体的には3度の食事を腹八分、正しい時間にきちんと食べ、間食を控えることです。最近の研究では、食べる順番も重要だとされていますが、野菜を食事の最初にしっかり食べることを心がけるだけで随分良くなると思います。

薬物療法は、食事や運動などの生活習慣の改善を行った上で、それで効果が乏しい場合の補助的治療法と捉えてください。糖尿病の治療薬としては、日本では現在7種類の経口血糖降下薬と、2種類の注射製剤(インスリン、インクレチン)がありますし、脂質異常症の治療薬も、主にコレステロールを下げるものと中性脂肪を下げるものとがあります(図3参照)。

広島県の糖尿病医療体制

広島県では、「広島、広島西、広島中央、呉、尾三、備北、福山・府中」の7つの医療圏に分け、各医療圏に糖尿病を専門とする内科医師が勤務する中核病院を配置し、その地域の他の病院・施設や開業医のクリニックと地域連携体制を構築しています。また、そのような中核病院には、糖尿病専門医のほかに、「糖尿病療養指導士」と呼ばれる資格を持った看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、検査技師たちがチーム体制をつくり、糖尿病患者に対して専門的な指導や教育活動を実施しています。しかし、それぞれの医療圏において、多くの糖尿病患者が1つの中核病院に集中すると、糖尿病専門外来では十分な診療ができず、それは地域にとってマイナスです。

そこで、普段の血液検査やきめ細かい丁寧な診察は、かかりつけ医のクリニックで行い、数か月〜半年ごとに糖尿病専門の中核病院でもう少し詳しく合併症の検査を受け、栄養士に食事の相談をするなど、糖尿病療養指導士にさまざまな指導をしてもらうのが良いと思います。そのときに大変役に立つのが「糖尿写真1 糖尿病連携手帳(日本糖尿病協会発行)病連携手帳(写真1)」です。血液検査や合併症検査の結果を記録してもらいましょう。①普段の診療はかかりつけ医、②定期的な合併症検査や入院治療は中核病院、③そして年に1回はがん検診や人間ドック、というように、自分の体全体を複数の医師や医療関係者に総合的に診てもらう、これが効率的で上手なかかり方だと思います。

生活習慣病との上手な付き合い方

各地域の医療機関において、糖尿病患者やその家族を対象とした勉強会(糖尿病教室)や、糖尿病を理解してもらうための啓発活動が行われています。また、毎年10月にはウォークラリー(写真2)、11月14日の世界糖尿病デーには大規模なブルーライトアップイベントが催され、医療関係者を中心に、患者さんや一般の方など多くの人がともに考える場をつくっています。

糖尿病をはじめとする生活習慣病は、生涯にわたって付き合っていかなくてはならない病気です。一人であれこれ悩んで悲観せず、多くの医療関係者や自分と同じ病気の患者さんと話し合い助け合いながら、病気と一緒に人生を楽しく歩んでいくことが、生活習慣病と上手に付き合う秘訣だと思います。