Return to top

統合失調症医療の最新動向 ──夢や希望を大切に、地域社会への移行を支援

草津病院 精神科藤田 康孝 部長

ふじた・やすたか。2003年広島大学医学部卒。関連病院で研修後、2010年草津病院着任。2015年より現職。医学博士。精神保健指定医。精神神経学会専門医・指導医。麻酔科標榜医。

統合失調症は、完治が難しく慢性化しやすい病気ですが、治療薬やチーム医療の進歩によって治療成績は向上しており、重症化する患者は減少傾向にあります。また、世界的な傾向として、「入院は一時的なもので、予後は地域で暮らす」ことを基本に治療を進めるようになってきており、国も就労支援を積極的に行っています。県下の統合失調症医療をリードする草津病院の藤田康孝先生に、最新の治療法や地域移行の考え方について話を伺いました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。