Return to top

スポーツ整形外科の治療と現況

JA広島総合病院 病院長藤本 吉範

ふじもと・よしのり。1979年広島大学医学部卒。庄原赤十字病院、中電病院、広島大学医学部助教授などを経て2004年JA広島総合病院整形外科主任部長。10年同院副院長。14年同院院長。医学博士。日本整形外科学会専門医・指導医。日本脊椎脊髄病学会評議員・専門医・指導医。広島東洋カープチームドクター。サンフレッチェ広島チームドクター。

スポーツにけがはつきもの、とよくいわれます。アスリートに限らず、スポーツ競技でのアクシデントや練習のしすぎによってけがや痛みを抱える人は多数います。そんな人を対象とするスポーツ整形外科はどんな対応をするところか。スポーツ医学を専門とし、アスリートの治療を多く手がけてきたJA広島総合病院の藤本吉範院長に、スポーツ医学の現状も含め、話を聞きました。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。