Return to top

肩の疾患「投球障害肩(野球肩)、反復性肩関節脱臼(外傷性肩関節不安定症)」

県立広島病院 整形外科 副院長・主任部長望月 由

もちづき・ゆう。1983年広島大学医学部卒。県立広島病院、広島大学病院整形外科准教授などを経て、2008年より現職。同院副院長兼任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。日本肩関節学会理事。日本体育協会スポーツドクター。広島カープ 球団チームドクター(肩関節部門)など。

広島はスポーツが盛んな地域です。当院には多くのスポーツ選手が受診されます。スポーツ種目では、野球やサッカー、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ラグビーをはじめ柔道や剣道などよく知られたスポーツから、スケートボードやSUP(サップ)(スタンドアップパドルボード、ボードの上に立ってパドルを手に水面を進むスポーツ)といった新しい競技など多岐にわたります。このようなさまざまなスポーツ選手のけがを治療してきた実績があります。今回は、投球傷害肩(とうきゅうしょうがいかた)(野球肩(やきゅうがた))と反復性肩関節脱臼(はんぷくせいかたかんせつだっきゅう)(外傷性肩関節不安定症(がいしょうせいかたかんせつふあんていしょう))について述べます。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。