Return to top

膝の疾患「前十字靭帯・半月板損傷、離断性骨軟骨炎」

マツダ病院 整形外科 副院長月坂 和宏

つきさか・かずひろ。1986年広島大学医学部卒。広島大学病院などを経て、2000年よりマツダ病院勤務。日本整形外科学会・整形外科専門医。日本整形外科スポーツ医学会代議員。中部整形外科災害外科学会評議員。日本リハビリテーション医学会認定臨床医。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。サンフレッチェ広島・チームドクター。

膝(ひざ)関節疾患は年齢層によって異なります。若い人ではスポーツなどによる前十字靭帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)、半月板(はんげつばん)損傷、離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)が多い傾向にあります。まずは正確な診断をして病態をしっかりと把握し、患者さんの年齢や活動性、ニーズなどを考慮しながら治療法を選択しています。
※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。