Return to top

年代別にみる産科・婦人科疾患の傾向・治療

広島市民病院 産科上席主任部長・婦人科主任部長児玉 順一

(こだま・じゅんいち)[経歴] 1985 年岡山大学医学部卒、産科婦人科入局。1991 年より岡山大学病院勤務(21 年間)。同准教授を経て、2012 年広島市民病院着任。現在、産科上席主任部長・婦人科主任部長・総合周産期母子医療センター部長。日本産婦人科手術学会理事、岡山大学医学部臨床教授、広島県立大学非常勤講師など。
[資格]日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医・指導医(日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/)、日本婦人科腫瘍学会認定婦人科腫瘍専門医・指導医(日本婦人科腫瘍学会 https://jsgo.or.jp/)、日本産科婦人科内視鏡学会認定腹腔鏡・子宮鏡技術認定医(日本産科婦人科内視鏡学会 http://www.jsgoe.jp/)、日本がん治療認定医機構がん治療認定医(日本がん治療認定医機構 https://www.jbct.jp/)、日本周産期・新生児医学会認定母体・胎児専門医(日本周産期・新生児医学会 https://jspnm.com/)、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医(日本女性医学学会 http://www.jmwh.jp/)

産婦人科は、女性が人生を送る上でなくてはならない診療科だ。女性のライフステージは「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」に分けられ、産婦人科医は妊娠・分娩はもちろんのこと、それ以外にこれらの各ステージに起こるさまざまな病気に深く関わっている。ここでは、広島市民病院産科・婦人科の児玉順一主任部長に、各ステージの代表的な病気や症状、治療法などについて話を伺った。

※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。