Return to top

不妊治療の現状と最新の動向――治療のゴールは「妊娠・出産が次世代へつながる」こと

県立広島病院 生殖医療科 主任部長原 鐵晃

(はら・てつあき)[経歴]1954 年生まれ。1980 年広島大学医学部卒。1988 年米国コロンビア大学留学。1999 年広島大学病院周産母子センター准教授、2007 年県立広島病院生殖医療科主任部長。不妊症について広く知ってもらうため、要請があれば講演も積極的に引き受けている。
[資格]日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本生殖医学会認定生殖医療専門医、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医、日本産科婦人科内視鏡学会認定腹腔鏡・子宮鏡技術認定医(日本産科婦人科内視鏡学会 http://www.jsgoe.jp/)

2017 年の出生数は94 万6065 人。人口減少が続く中、出産可能年齢の女性も減っているが、同年に不妊治療の一つである体外受精で生まれた子は、5万6617 人(日本産科婦人科学会調べ)で過去最多を更新した。これは、出生児16.7 人に1人の割合。生殖補助医療の進歩とともに、不妊治療への関心や意欲が高まり、社会的支援がその要因とみられる。不妊治療の最新の動向について、県立広島病院生殖医療科の原鐵晃主任部長に話を伺った。

※詳しい本文の内容は書籍をご参照ください。