医者選び広島 クリニックサーチ

変形性膝関節症

検索履歴 エリア: 選択されていません
症状: 選択されていません
病名: 選択されていません

変形性膝関節症

 変形性膝関節症は、加齢や外傷などによって、膝関節の変形や軟骨がすり減るなどの異常が起こり、膝に水が溜まったり、膝に痛みを起こしたりする病気です。椅子から立ち上がるなど動き出しの痛みが特徴的です。ひどくなると、安静にしていても痛みを感じるようになります。  初期治療は、飲み薬・ヒアルロン酸の関節内注射・リハビリテーション・装具療法の四本柱で行います。多くの患者さんは、これらの治療で症状が改善します。基本的には、いきなり手術を勧めることはありません。じっくり患者さんと相談しながら、初期治療の効果が乏しく、患者さんが希望された場合に限り、人工関節などの手術療法を検討します。  膝の痛みが気になったとき、またはそれにより日常生活にお困りのときなどは、我慢をせず、まずはお早めにご相談いただければと思います。

このページの上へ