医者選び広島 クリニックサーチ

白内障

検索履歴 エリア: 選択されていません
症状: 選択されていません
病名: 選択されていません

白内障

 濁った水晶体の中身を吸引し、眼内レンズを挿入するのが白内障手術です。白内障の性状(チン小帯が弱い、濁りが硬いなど)により、手術の難易度が高い症例も存在しますが、おおよそ98%以上はとどこおりなく終了します。  眼内レンズはたくさんの種類が存在しますが、保険適用にならない多焦点眼内レンズ以外については、患者さん側は「自分にはどんなレンズが挿入されているのか?」という情報が提示されることは、ほぼないのが現状です。  術後に乱視が残存しそうな症例については、乱視矯正用トーリック眼内レンズを挿入しないと、見え方の質が大幅に下落するということはあまり知られていません。そのため当院では術後乱視を最小限にする目的で、乱視矯正用トーリック眼内レンズを積極的に挿入しています。  レンズ代金は通常のものよりも高価ですが、クリニック側が負担します。ぶっちゃけトーリック眼内レンズを挿入するとクリニック側の儲けは減少するわけですが、一生に一度の手術、また術後患者さんに「よく見えてうれしい!」と言ってもらうことは何よりも代えがたい喜びがあります。白内障手術により乱視が軽減できるということは、知っておいたほうがよいでしょう。 ※部位・検索ワード 頭部/眼 白内障手術 乱視 目がかすむ まぶしく見える

このページの上へ