医者選び広島 クリニックサーチ

麦粒腫

検索履歴 エリア: 選択されていません
症状: 選択されていません
病名: 選択されていません

麦粒腫

 一般的に広島では「ものもらい」「めいぼ」と称される、まぶたの腫れや痛みを伴う腫瘤(できもの)をさします。抗菌剤の点眼が処方されることが多いですが、はっきり言って、抗菌剤の点眼だけでは十分治癒しない症例も多く存在します。  麦粒腫に一番効果的なのは、抗生剤の内服であることはあまり知られていません。抗生剤内服の方が病巣部への薬効が高く、点眼薬のみでの加療では十分治癒されずに膿瘍(うみ)を形成し、のちに切開を必要とすることも少なくありません。  なお、市販の抗菌剤点眼はまゆつばものです。麦粒腫治療には抗生剤点眼のみならず、抗生剤の内服を併用すべきです。 ※部位・検索ワード 頭部/眼 麦粒腫 めいぼ ものもらい 目が痛い

このページの上へ