医者選び広島 クリニックサーチ

渡辺歯科医院

包括的歯科医療で患者の口の中と人生を幸せに

包括的歯科医療で患者の口の中と人生を幸せに(福山・尾道・府中編より)

・ 矯正治療・口腔外科・インプラント・歯周病治療などを上手く組み合わせた精度の高い治療に定評
・ インフォームドコンセント(患者の理解の上で治療を開始)を重視、納得治療を行う
・個室の診療室から、心和む日本庭園の眺望

心和む空間で精度の高い包括的歯科医療を提供(歯医者編より)

クリニック・医院情報

住所 福山市沼隈町草深1870-6
TEL 084-987-3888
ホームページ http://ww7.enjoy.ne.jp/~y.watanabe/
駐車場 13 台

診療時間

診療時間
8:30~12:30 休診
14:00~18:00 休診 休診

*祝日は休診  △土曜午後は手術のみ

診療案内

診療科目 診療・検査内容
一般歯科 X線・CT検査・顕微鏡下での歯内療法、インプラント歯周治療、露出根面被覆など
口腔外科 難抜歯(親知らず)、外傷(歯牙脱臼など)処置、顎関節治療など
インプラント CT検査、インプラント、骨造成、上顎洞底挙上術など
小児歯科 虫歯治療、抜歯、フッ素塗布など
矯正歯科 歯科矯正治療、インプラント矯正、ブラキシズム処置など
審美歯科 ホワイトニング、セラミック補綴など
口臭外来 口臭ガス測定、唾液検査、官能検査など
特記ポイント 静脈内鎮静注射下での手術(通常のモニタリングに加え、脳波のモニタリングをしながら麻酔深度を調整)。女性歯科医師が在籍

 

紹介写真1
紹介写真2

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

渡辺歯科医院 | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
心和む空間で精度の高い包括的歯科医療を提供
渡辺歯科医院
渡辺 禎之 院長

歯科医院には「歯が痛い」「噛めない」「前歯が見苦しくて笑えない」など、さまざまな悩みを訴える患者が訪れるが、最近では「口臭が気になる」「歯を白くしたい」などの対人関係を意識した患者も増加している。
同院ではこれらの繊細なニーズに応えるため、細やかな検査や最新の治療機器を整えた施術を行っている。
また、高齢者や身障者が来院しやすいよう医院の入口にスロープを設置し、要望があれば在宅診療にも対応している。
一度治療したむし歯もそれが作り出された環境に戻れば、良好な状態を長く維持することは難しく、歯周炎についても治療後にメンテナンスをせずに放置すると、予後不良になることが多い。
「患者さんには、長く健康を維持するために『食べたら磨く』を励行し、自愛の心を養っていただきたいと願いながら日々診療しています」。
診療室は完全個室で、恐怖感が和らぐよう日本庭園を展望できるように設計。
全面ガラス張りの各個室からは四季折々の美しい庭が望め、患者の心身を癒してくれる。

1本の歯だけでなく口腔内全体を把握して治療を行う、「包括的歯科医療」をコンセプトに、精度の高い医療を提供している。
歯科に通い続けたにも関わらず、さらに悪化して咬合崩壊・咀嚼障害・審美障害になった患者や、歯科恐怖症でなかなか来院できなかった患者が多数訪れている。
「通常の治療で満足のいく結果が得られない場合、歯周治療・矯正治療・歯内療法・口腔外科・インプラント・補てつ・咬合治療・歯科麻酔などをうまく組み合わせて、恐怖心をコントロールしながら口腔の状態と機能を回復させることが肝心です。包括的歯科医療を行うには、これらが一つ欠けても成功とはいえません」。
また、「いくら良い治療を組み合わせても、何年もかかっていては意味がない」と、1回の治療時間を十分に確保し、短期間での集中的な治療を心がけている。
同院にはインプラント専門歯科衛生士(7人)と歯科技工士(2人)が在籍し、1日で全顎の暫間修復(プラスチック製の仮歯を使った審美的処置)を行って、審美と機能を回復することが可能。
「口腔の処置は外科処置ですので、清潔な環境の保持は必須です。観血的(出血を伴う)処置については当然のことですが、医科の手術と同様に、術者・アシスト・外回りの最低3人体制で臨み、清潔を維持しています」。
昨今、脚光を浴びている、歯周組織再生療法にも早くから取り組んでいる。

「他院で治療したがすっきりしない」「インプラントの調子が悪い」などの予後不良の不安を抱える患者には、通常の施術では良好な結果を得られない場合もある。
同院ではインプラントリカバリーを含め、静脈内鎮静やマイクロサージェリー(顕微鏡)などを取り入れて、苦痛の少ない精度の高い治療を実施。
噛み合わせの異常が原因で顎関節や筋肉の調子が悪い場合には、スプリントで筋肉の緊張を緩和し、適正な関節の位置を割り出した後、矯正治療・インプラント・全顎補てつなどをうまく組み合わせた包括的な治療を行う。
治療後のメンテナンスは、健康な状態を維持するために必要不可欠。
日常のブラッシングの不備は歯科衛生士がきれいにできるが、特に重要なのが咬合の点検である。関
節の位置は微妙に変化するため、定期的に噛み合わせの観察を行い(必要なら咬合調整)、関節の回転中心と噛みしめる位置を一致させるよう調整している。

渡辺 禎之 院長

わたなべ・よしゆき

経 歴

1952年沼隈郡沼隈町(現福山市沼隈町)生まれ
1977年九州歯科大学卒業
広島大学歯学部口腔外科第一教室、JA尾道総合病院口腔外科を経て、1981年より現職
得意分野は歯周病、インプラント治療、審美修復。
「歯科医は口の中の科学者・芸術家」と考え、精度の高い最新治療をめざす。

趣味

盆栽(盆栽園「彩」開設)、写真撮影、絵画鑑賞

モットー

志あれば道あり

院長の横顔

17歳のときにむし歯の治療を受けた際に、詰め物が高く、慣れるまでつらい思いをした。
「二度とむし歯を作るまい」と決意し、食後は必ず歯磨きをする習慣を現在まで続け、今でも17歳のときの状態を維持。
ドイツ・ハンブルグでの国際インプラント学会に出席した際、昼食後に歯磨きをしていたら、外国人歯科医から「You are an honest dentist(あなたは歯科医の鏡である)」と話しかけられたエピソードも。
患者に「食べたら磨く」とお題目のように唱えている手前、新幹線や飛行機に乗ったときでも、歯磨きを行っているという。

院長からの
メッセージ

歯の病気の多くは“自堕落病"かもしれません。
お皿のように、いつも口の中はきれいにしておきたいもの。
私は50年間、律儀なブラッシングを続けて今日に至っています。
そもそも生活習慣病とは、体を自分の所有物と思い込み、どんな不摂生をしても顧みないのが原因。
自分の体を天からの授かりものと考えれば粗末には扱えないはずです。
「歯医者は怖い」と敬遠しがちですが、早期発見・早期治療により深刻な状態を回避できます。
歯の病気に自然治癒はありません。
放置する方が怖いのです。

掲載書籍の購入

迷ったときのかかりつけ歯医者 広島
『 かかりつけ医シリーズ 7 歯医者 編 』

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ