医者選び広島 クリニックサーチ

中西歯科医院 (医療法人 あした会)

充実の院内感染対策と安心の治療で患者の健康を支える

クリニック・医院情報

住所 広島市南区比治山本町16-35 広島産業文化センター12F
TEL 082-251-6480
ホームページ https://www.251-6480.com/
駐車場

地下駐車場(無料)

診療時間

診療時間: 9:15 ~ 13:00 / 14:30 ~ 18:00
(金曜午後は15:00 から)
休診日: 日曜、祝日

紹介写真1
紹介写真2
紹介写真3

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

中西歯科医院 | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
充実の院内感染対策と安心の治療で患者の健康を支える
中西歯科医院
中西 保二 院長  中西 茂 副院長

歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士が一つのチームを作って丁寧・迅速に治療を進めており、むし歯・歯周病治療・入れ歯作りをメインに、予防歯科を3割程度行っている。
特に、衛生面における院内感染対策に力を入れており、清潔で安心できる医療環境づくりに余念がない。
日本医療機器学会認定「第二種滅菌技士」の資格を持つ歯科衛生士が、高性能な機器でしっかり管理を行う。
歯科治療に使用した器具には、血液や唾液などの有機物(タンパク質)が付着しており、それらが付着したまま滅菌すると確実な滅菌が行われないため、タンパク質分解酵素洗浄剤を使う洗浄消毒器(WD)で洗浄・消毒・乾燥を行った後、滅菌バッグで個別に包装する。
そして、使用する器具の形状に合わせて高圧蒸気滅菌器(クラスB・S・N)を使い分け、確実な滅菌を実現している。
ほかにも、ハンドピース専用の注油洗浄器や小器具用超音波洗浄器などを導入し、他院より一歩先を行く衛生環境を実現。
感染対策の知識や技術は院内スタッフ全員で共有化を徹底し、常に清潔で安全な環境の提供に努めている。

治療方針は、「より楽に、より早く、より正確に」。
体全体に配慮した診療を心がけ、「入れ歯は人工臓器」と捉えてより良い入れ歯作りに心血を注いできた保二院長と、むし歯や歯周病などの治療を得意とする茂副院長の2人体制で診療を行っている。
入れ歯は、20年以上勤務の熟練した歯科技工士が迅速・丁寧に製作している。
破損や人工歯脱離は即日修理を行っており、全く歯のない状態で帰宅することがないため、患者に大変喜ばれている。
また、コンピューターで当日に補てつ物が作成可能なCAD-CAMシステムも取り入れ、さらなる時短化を図っている。
歯科衛生士による担当制のPMTC(歯の定期的クリーニング)は、「急がない、傷つけない、痛くない」がモットー。
歯石や歯垢を超音波スケーラーで取り除き、取り残しも念入りにチェックしているため患者から好評である。

具体的な治療では、「メタルフリー(金属不使用)」を方針に掲げ、再治療の必要がないよう使用する材料にもこだわっている。
むし歯治療では、フッ素を自然に取り込んで放出するためむし歯になりにくい、プラスチックの詰め物を採用(保険診療)。
CTやレントゲン、口腔内カメラを用いた診断を重視し、メンテナンスのしやすい口腔環境づくりに努めている。
また、超健康的な生活のための食育指導にも尽力している。
歯科医師法には、「歯科医療や保健指導を掌る」という定めがあり、「保健指導は歯科医師の業務」と院長は認識。
酸化還元度(唾液検査)や血管年齢検査、骨格筋量や体脂肪量を測定する器具を用意し、常に体全体の健康に配慮。
また、必要に応じて他科病院(同階の医療フロア)と連携を取り、治療の質を高めている。
院長は、前述の通り「入れ歯は人工臓器」という考えを念頭に置いており、「口は、咀嚼・話す・呼吸などの重要な役割があり、生命と健康を維持する源です。
特に、食べ物の咀嚼は血液を脳に送る第2の心臓の役割を持ち、噛める入れ歯はとても大切です」と話す。
そして、患者とのコミュニケーションを大切にした治療を提供するため、院長が医院独自の健康冊子や医療フロアで作成する季刊誌に執筆しており、大変話題になっている。

中西 保二 院長

なかにし・やすじ

経 歴

1948年広島市生まれ
1973年愛知学院大学歯学部卒業
ア歯科広島東グループ小松診療所勤務後、1980年南区皆実町に同院開院
1990年同地移転

趣味

剣道(広島大学医歯薬学部剣道部師範、江波養心館館長、保仁館館長)、筋トレ、釣り

モットー

ただ今日成すべきことを熱心になせ
心技一如、直心是道場

院長の横顔

小学4年のときに、歯科医師の父が突然3人の子を残して亡くなった。
母は苦労の連続で、自分の歯を構うこともできず総入れ歯に。
母の歯に対する苦心を見て「歯を失う患者さんを少しでもなくそう」と思い、歯科医師になることを決意。
同院を開院して間もなく痔瘻で、その後も30歳代で左足、50歳代で右足のアキレス腱を切って、それぞれ3週間程度の入院の経験がある。
「突然の病気は大変ですが、自身を省みる生活の赤信号のサイン! 元気が一番、病気をして初めて患者さんの気持ちが分かります」
貴重な経験をしたと捉えている。

院長からの
メッセージ

保健指導は歯科医師の業務であると考えています。
生きる力を支える歯科医療の一つとして「食育」は大変重要です。
主な病気の根本療法である「栄養・運動・休養・禁煙・節酒・歯の健康」の6大要因の管理をしっかり行えば、腸内環境や微小循環が改善し、がんや糖尿病などの疾患を予防することもできます。
歯科医を、病気にかかる前の「門番」として考えてみてください。
当院では、血管年齢や動脈硬化、骨格筋量、体脂肪量などを測る器具も用意しています。
患者さんの今の健康状態をチェックし、適切なアドバイスもいたします。

中西 茂 副院長

なかにし・しげる

経 歴

1984年広島市生まれ
2008年北海道医療大学卒業
同大学研修後、開業医(大阪府)勤務、医療法人甦歯会もりかわ歯科志紀診療所院長を経て、2017年より現職

掲載書籍の購入

迷ったときのかかりつけ歯医者 広島
『 かかりつけ医シリーズ 7 歯医者 編 』

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ