医者選び広島 クリニックサーチ

あい歯科・こども矯正歯科クリニック (医療法人 爽風会)

子どもたちの豊かな未来をつくるために

クリニック・医院情報

住所 広島市佐伯区五日市5-6-26 ゆめタウン五日市店別館2F
TEL 082-943-6480
ホームページ https://www.aisika.net/
駐車場

あり( ゆめタウン五日市店別館駐車場)

診療時間

診療時間: 9:30 ~ 12:00 / 14:00 ~ 18:30
(土曜午後は13:00 ~ 17:00)
休診日: 水曜、日曜、祝日

紹介写真1
紹介写真2
紹介写真3

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

あい歯科・こども矯正歯科クリニック | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
子どもたちの豊かな未来をつくるために
あい歯科・こども矯正歯科クリニック
田中 宏尚 院長

モットーは、「まずは治療を減らす」こと。
無駄な治療はしないことを心がけている。
むし歯の治療後は、患者の自己流メンテナンスから二次カリエス(むし歯の再発)が起きることもある。
そのような、「削る・被せる」を繰り返さないためにも、田中院長は定期検診の大切さを強調。
「3か月に1回はプラークコントロールをして、むし歯や歯周病のリスクをなくします。その結果、口の中の細菌をコントロールでき、全身の健康につながります」
日々の治療では、生活習慣の改善、特に口呼吸の問題に力を入れている。
「あいうべ体操」(みらいクリニック・福岡市、今井一彰院長が考案)を提案したり、待合室に筋トレグッズを置いて立ち方や姿勢の指導を行っている。

「子どもの伸びる力を大切にしたい」という強い思いから、同院ではMRC矯正を行っている。
特徴は、不揃いに見える歯並びの根本的な原因除去と、専用矯正器「マイオブレイス」の使用。
従来の方法と異なり、無理な抜歯はせず、ワイヤーも使用しない。
「大切なのは原因の追求」という認識から、口腔の筋力を鍛えるトレーニングを中心に、機能療法的な治療を行っている。
院長は、「多くの場合、問題のある歯並びの原因は“呼吸"と“嚥下(飲み込み)"です。しかし、呼吸と飲み込みがうまくいかないと、慢性的な体の不調が現れ、集中力の低下にもつながります」と話す。
生活習慣は、正しく身に付ければ一生保つことができる。一時的な対処に終始せず、未来を見据えた治療を行うという、同院の信念でもある。

同院では週2日、スタッフ勉強会を開催しており、チームごとに分かれて、各自がスキル向上に努めている。
また、院内に「あい歯科文庫」を創設。
健康な体づくりに関係する本が並び、通院する子どもの母親を中心に貸し出しも行っている。
「子どもたちの健全な発育に貢献したい」という治療方針は、全てにおいて徹底されている。

田中 宏尚 院長

たなか・ひろなお

経 歴

1968年広島市生まれ
1998年鹿児島大学歯学部卒業
開業医(神戸市など)勤務を経て
2001年同院開院

歯科医からの
アドバイス

私たちがきちんとしてあげれば、本当に健康に伸びる子どもたちが育ちます。
大切な子どもたちを守りたい。私の予防医療にかける思いです。
治療を通じて、姿勢や口呼吸の問題、体全体の健康についてもお伝えできればと思っています。

掲載書籍の購入

迷ったときのかかりつけ歯医者 広島
『 かかりつけ医シリーズ 7 歯医者 編 』

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ