医者選び広島 クリニックサーチ

高橋歯科医院

歯周病治療と顕微鏡治療による「歯の保存」に定評

クリニック・医院情報

住所 広島市西区上天満町4-2 中村ビル1F
TEL 082-293-1233
ホームページ
駐車場

2台

診療時間

診療時間: 9:00 ~ 13:00 / 14:00 ~ 19:00
(土曜午後は17:00 まで)
休診日: 木曜午後(祝日がある週は診察)、日曜、祝日

紹介写真1
紹介写真2

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

高橋歯科医院 | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
歯周病治療と顕微鏡治療による「歯の保存」に定評
高橋歯科医院
高橋 慶太 副院長

同院は、歯周病治療をメインとしており、「歯の保存」を最優先にしている。
以前は、歯を失う理由の第1位はむし歯だったが、現在は歯周病に変わってきており、歯周組織の健全化を図るため、個々の症例を丁寧に診察。
歯周病菌は、PG菌などの細菌感染により引き起こされるが、患者の体質によって影響を受ける菌も変わるため、各々の症例を見極めて治療を行う。
また、歯科用顕微鏡を利用した、低侵襲(歯をなるべく削らない)治療を心がけている。

歯周病治療は、歯周ポケットの有無を確認し、歯周病の種類を見極めてから治療を進める。
近年、歯周病は糖尿病・心疾患・脳血管疾患などの、さまざまな全身疾患と関連があることが分かってきている。
特に、糖尿病患者の場合、「歯周病を治療すると、ヘモグロビンA1Cの値(糖尿病のバロメータ)が0.3%減る」というエビデンス(証明)があることから、内科医と連携して歯周病の治療を行っている。

同院では、国内の歯科医院での導入率が3%しかない歯科用顕微鏡を導入。
顕微鏡歯科治療では、肉眼の24倍に拡大して診ることができるため、「より正確・精密・安全に」をモットーに、質の高い治療を行うことを心がけている。
保険診療においても、積極的に顕微鏡治療を導入し、低侵襲な治療が可能となっている。
また、インプラント治療やセラミックを使う治療は保険適用外だが、見た目を気にする患者には審美性を考慮して勧めており、患者ごとに適した治療を提示、納得してもらった上で治療を行う。
「歯の保存」と「低侵襲」の両方を考慮して、より良い治療法を提供している。

高橋 慶太 副院長

たかはし・けいた

経 歴

1984年広島市生まれ
2011年東京歯科大学歯学部歯学科卒業
広島大学大学院(歯周病態学分野)学位取得
同大学歯科麻酔科研修、医局員などを経て、2018年4月より現職

歯科医からの
アドバイス

歯周病は自覚症状がないことが多いため、まずは歯ぐきに注目して下さい。
ブラッシング後の出血や腫れ、口臭、歯がグラグラする場合などには、歯周病が疑われます。
早期発見・治療を心がけ、早めの受診をお勧めします。
当院では、歯を残すために、顕微鏡での精密な歯科治療が可能です。
かかりつけ医に、気軽に相談してみてください。

掲載書籍の購入

迷ったときのかかりつけ歯医者 広島
『 かかりつけ医シリーズ 7 歯医者 編 』

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ