医者選び広島 クリニックサーチ

薮本歯科クリニック

体にやさしい必要最小限の治療で患者を支える

クリニック・医院情報

住所 東広島市西条岡町3-25
TEL 082-421-5655
ホームページ https://www.yabumoto-dental.com/
駐車場

3台

診療時間

診療時間: 9:00 ~ 13:00 / 14:30 ~ 19:00
     (土曜は17 時まで)
休診日: 木曜、日曜、祝日

紹介写真1
紹介写真2
紹介写真3

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

薮本歯科クリニック | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
体にやさしい必要最小限の治療で患者を支える
薮本歯科クリニック
薮本 修 院長

同院は、徹底してミニマムインストラクション(必要最小限の治療)にこだわる。
薮本院長は、「後戻りできない治療はしません。口腔内の小さな問題も発見して、とにかく歯を抜かない・削りすぎないための治療を、患者さんと一緒に考えています」と話す。
「歯科治療にも人生設計がある」と考える院長は、3歳児からフッ素塗布による治療を提案。
むし歯菌の活動を抑制し、歯を強くする予防処置を行うと同時に、患者の家族の話を聞いて、むし歯になりやすい生活習慣を改善するため丁寧な指導に努める。

同院は2013年1月に、東広島市では初となる「CEREC(CEramic REConstruction、セラミック修復)システム」とセラミックを削る「ミリングマシン」を導入した。3Dカメラで口腔内の患部を撮影後、CAD/CAMソフトで修復か所をすぐに設計。
その後、設計データを基にミリングマシンを使って加工し、口腔内へセットすれば治療が完了する。
院長は、「これは、治療に対する患者さんの心的負担を大きくしないためにも、有効な治療法だと考えています」と話す。
その上、セラミックは金属とは異なって歯垢が付きにくく、金属アレルギーの心配も少ないとされており、人の体にやさしい治療法である。

院長は学生時代に培った競技経験を生かして、現在もスポーツ歯科学の研究を重ねている。
ボクシングやフットボールなどの、人間同士の接触が多い競技の選手が装着するマウスガード製作の症例は、年に20件を超える。
選手の飲み物についても、むし歯予防のために指導を欠かさないという。
学園都市である東広島市で開院して約20年。
時代の移り変わりとともに、院内をバリアフリーや個室の診察室、手術室用空気清浄器などの環境に整えた。
変わらないのは患者の生活に寄り添う信条。
「あなたのかかりつけ歯科医院でありたい」が、スタッフ全員の口癖である。

薮本 修 院長

やぶもと・おさむ

経 歴

1965年東広島市生まれ
1993年九州歯科大学卒業
医療法人恵歯会、開業医勤務を経て、1996年同院開院
2013年バリアフリーに改装

歯科医からの
アドバイス

さまざまな生活習慣の影響により、口腔内が破壊されていることがあります。
定期的な健診で小さな変化に気付いたときは、患者さんと一緒に考えながら、適切なアドバイスをしていきたいと思います。

掲載書籍の購入

迷ったときのかかりつけ歯医者 広島
『 かかりつけ医シリーズ 7 歯医者 編 』

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ