医者選び広島 クリニックサーチ

森岡神経内科 (医療法人)

脳や心、体の不調に質の高い医療を提供

・認知症やパーキンソン病の治療だけでなく予防や抑制に注力
・神経疾患・精神疾患ともに診療実績が豊富
・不眠症や神経症の治療にも定評

クリニック・医院情報

住所 広島市安佐北区可部南4-9-17
TEL 082-819-0006
ホームページ http://morioka-clinic.net/
駐車場

20台

診療時間

診療時間
8:30~12:00 休診
14:00~18:00 休診 休診 休診

*祝日は休診 *緊急時は夜間や休診日も対応可(留守番電話に名前・電話番号・相談内容をお残しください)

診療案内

診療科目 診療・検査内容
脳神経内科 パーキンソン病、てんかん、認知症、神経痛、脳卒中後遺症、末梢神経障害、めまい症、頭痛など。頭部CT、脳波による検査など
精神科 うつ病(気分障害)、神経症(パニック障害、強迫神経症、身体表現性障害、恐怖症など)、睡眠障害、統合失調症、認知症に伴う精神症状・行動異常、アルコール症など
心療内科 自律神経失調症、更年期障害、過食症、拒食症、過敏性腸症候群(神経性下痢症)などのストレス病
内科 胃炎、胃潰瘍、感冒(風邪)、高血圧、高脂血症など
紹介写真1
紹介写真2
紹介写真3
紹介写真4
紹介写真5

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

森岡神経内科 | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
脳や心、体の不調に質の高い医療を提供
森岡神経内科
森岡 壯充 院長  佐藤 美紀子 副院長

特  色

さまざまな精神疾患の診療に精力的に尽力
精神薬理学の高度な知識を生かした薬物療法を実践
パーキンソン病やてんかん、認知症の診療にも注力

精神科・神経内科を専門とする医師として、幅広い年代のうつ病や神経症、睡眠障害、パーキンソン病など、脳全体のあらゆる病気に対応。
一方、地域に根ざしたかかりつけ医として、精神疾患や神経疾患で受診した患者には一般内科も診療する。
約16年間勤務した安佐市民病院時代、救急や外科などの病棟を毎日往診し、患者の心理的問題に取り組んできた森岡院長の高い実績には、患者や他医から厚い信頼が寄せられ、紹介による受診患者も多い。

「不安やつらい思いを抱えている患者さんが、少しでもより良く生活できるように手助けしたい」との思いで診療に臨む。
初診は時間をかけて問診を行い、的確な診断で治療方針を決定。患者にわかりやすい説明で不安を除く。
診療中の患者が夜間や休日、急に状態が悪くなった場合は、留守番電話に伝言を残してもらい、指示が必要と判断すれば折り返し電話して対処している。

年代を問わず患者が多いうつ病の背景はさまざまで、
① 几帳面で秩序、規範を大切にする真面目な性格が背景にあるもの(メランコリー型)
② 社会的、心理的なストレスに起因するもの
③ 甲状腺機能低下症やがんなど、体の病気が関係するもの
④ インターフェロンや抗がん剤、ステロイドなどの薬からくるもの
⑤ 規範や秩序を重要視せず自己愛が強いもの(現代型)
などがある。
「背景によって治療法が変わるため、初診がとても大切になります。じっくり問診を行い、現症状のほか、生活歴や現病歴、家族歴などを正確に把握して鑑別診断し、治療の方向性を決めています」と同院長。
治療の2本柱は薬物療法と精神療法だが、患者各々の状態や生活環境に合わせたテーラーメイド治療を実践。
例えば、若者に多い5. のうつ病で仕事熱心ではない患者の場合、職場で受け入れられにくい。
「改善には、患者さんの長所を伸ばし人格の成長を促す必要があり、周りの理解も重要です。心理療法士が心理療法を行い医師と連携して治療を行いますが、改善には時間が必要です」

薬物療法では、薬を続けることで治療効果が持続し症状も改善するが、1か月で約3割、半年で5割強の患者が薬を処方通りに内服しなくなるという。
「精神科は、他科に比べてきちんと薬を内服する人が少ないです。調子が良くなってもすぐにやめない、副作用が出たらすぐ連絡する、改善しても予防的に内服することが大切と、折に触れて繰り返し患者さんにお話ししています」
同院長は、研修医時代から精神薬理学に興味を持って学習を継続し、薬の種類や作用・副作用を熟知して、常に最新知識を得る努力も欠かさない。
その上で、患者に合う薬を必要最小限使い、症状が改善するようアプローチする。
最初の薬が効かなければ、①違う薬に変更、②元の薬に作用の違う薬を併用、③元の薬にその作用を増強する薬を追加、という3つの方法がある。
うつ病は再発しやすいといわれ、薬物療法の1剤目で良くなる人の再発率は37%、4剤目で何とか改善した場合は70%にもなるという。
再発率が高くなれば難治化するため、同院長は、薬は単剤使用で最初の薬で改善するよう的確に薬剤を選択。
それが難しい場合は、薬理学的根拠と豊富な治療経験を基に、早期改善のために3つの治療法から患者に合った方法と薬剤を選択している。
現在は、③による増強療法がより効果的であり、行うことが多くなっている。

パニック障害や社交不安、強迫神経症の治療では、薬物療法に併用して支持的精神療法・森田療法・交流分析・行動療法・支持的精神療法などの精神療法を患者の状態に応じて行う。
「精神療法では患者さんの治る力を引き出し、それを生かせるようにします。人格や発達の問題が関与していれば、心理療法士による治療を取り入れて、連携して治療を行うようにしています」。
また、身体的な異常がないのに痛みや吐き気などの身体症状を訴える身体表現性障害では、ストレスによる症状と脳の関係を作成した図を用いて患者にわかりやすく解説し、病態を理解してもらった上で治療に導入する。
統合失調症の治療は的確な薬物療法が基本。最近は軽症化しており、薬剤の進化とともに外来治療が可能になっている。
重症化を防ぐには、早期発見・早期治療・早期改善・再発予防が大切で、そのためには薬の継続が不可欠であり、副作用が少なく効果が実感できる薬の選択が重要になる。
同院長は、うつ病と同じく高い専門性に基づいた薬物療法で成果を上げており、患者との良好な関係が治療のベースとなる。

森岡 壯充 院長

もりおか・しょうじ

経 歴

1955年広島市生まれ
修道中・高等学校卒
1980年東京医科大学卒
広島大学病院、広島市民病院、安佐市民病院神経科(主任部長)を経て、2002年より現職

趣味・家族

テニス、マラソン、スポーツ観戦(特にサンフレッチェとカープ)
妻、義母、娘2人

モットー

座右の銘は「不言実行」

院長からの
メッセージ

医師になったときから脳全体を診療できる臨床医をめざしてきたので、精神医学と神経内科学を同時に学習してきました。
患者さんの状態から学んで新しい知識を取り入れ、それを患者さんの診療に生かすことを繰り返してきました。
私にとって、患者さんの改善は一番の喜びであり、生きがいでもあります。
今後も、患者さんへの感謝の気持ちを忘れずに診療にあたりたいと考えています。
ありがたいことに、精神医療に対する偏見は以前に比べはるかに軽くなり、軽度の心身の不調でも精神科クリニックに受診する方が多くなりました。
その背景には、精神医療全体が患者さんのニーズに応えるように進歩し、改善してきたことがあげられます。
今後も精神医療を利用していただき、より良い心身の状態で生活していただければと考えています。

掲載書籍の購入

迷ったときのかかりつけ医&病院 広島
『 かかりつけ医シリーズ 8 こころの病気 編 』

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ