医者選び広島 クリニックサーチ

医療法人エム・エム会 マッターホルンリハビリテーション病院

運動器のリハビリで優れた実績。最新機器も先駆的に導入

身体機能を補助、拡張するロボットスーツを導入しており、運動器のリハビリ実績において県内でトップクラス。「高気圧酸素療法」などの先駆的な治療法を取り入れ、運動療法などのリハビリに精通。白川院長は、賢人たちの言葉を肝に銘じ、スタッフ教育や地域貢献に邁進している。

クリニック・医院情報

住所 呉市中通1-5-25
TEL 0823-22-6868
ホームページ http://www.matterhorn-hospital.jp/
駐車場 10台

診療時間

診療時間
8:30~12:00 休診
15:00~18:00 休診 休診 休診

休診日:日曜・祝日、木曜午後・土曜午後
*月・金曜以外は予約制となっていますので、詳細はお問い合わせください

診療案内

診療科 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
主な治療(スポーツ) 肩・膝・肘・腰・外傷など
紹介写真1
紹介写真2
紹介写真3

アクセス

詳細情報

以下のページから、さらにくわしい診療内容などがわかります!

医療法人エム・エム会 マッターホルンリハビリテーション病院 | ― 医者選び広島 クリニックサーチ ―
運動器のリハビリで優れた実績 / 最新機器も先駆的に導入
マッターホルンリハビリテーション病院
白川 泰山 理事長・院長

ここが強み

先駆的なリハビリ治療を取り入れ、運動療法に精通
肩の専門医として医療の高みを目指す
多くのスポーツトレーナーを輩出、アスリートを手助け

同院は回復期、維持期のリハビリテーションに力を入れている。
運動器のリハビリでは広島県内で優れた実績がある。
「高気圧酸素療法」などの先駆的な治療法を取り入れ、運動療法などのリハビリに精通している。
また、整形外科分野での「体外衝撃波」の活用にも積極的で、「浮揚式運動療法」も導入している。
同院ではスポーツトレーナーの活動にも積極的で、アスレティックトレーナーを含めて16人のスポーツトレーナーが在籍し、広島県内の中学・高校を中心に帯同。
選手の傷害予防、早期復帰、パフォーマンス向上などに貢献している。

白川泰山院長は常々、保存治療を中心にしたリハビリで地域医療に貢献したいと考えている。
運動器リハビリでは、運動器疾患を持つ人に対して、運動療法(ストレッチや筋力強化)、物理療法、装具療法などを用いて、身体機能を可能な限り改善することを目的にしている。
そのために、運動器リハビリ機器と理学療法士などマンパワーの充実を図っている。
現在、理学療法士40人、作業療法士9人、言語聴覚士4人という陣容である。
さらに2020年度採用者数は、理学療法士10人、作業療法士2人、言語聴覚士3人が予定されている。
また、運動療法を行う際に、同院に在籍する健康運動指導士が、保険医療関係者と連携しながら、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムを作成したり、実践指導計画の調整も行ったりしている。
最新のロボットスーツを使ったリハビリにも積極的である。
難病から脳血管疾患、運動器疾患の患者まで幅広く使っている。
「動かない手足を動かしていく方法」という考え方で、「HAL」を始め計9台のリハビリテーションロボット(リハビリロボット)を完備している。
また、白川院長にはライフワークがある。
スポーツにおける傷害予防と早期復帰を目指した「スポーツ医科学研究所」のようなものを立ち上げることだ。
どのような動きをすればけがをしやすくなり、予防にはどのような運動が必要か、などを研究したいとしている。

最新の機械を多く取り揃え、患部以外のトレーニングにも尽力

白川院長の専門である肩のほか、膝・肘・腰などのスポーツ障害の診察、治療に尽力している。
いわゆる「野球肩」の症状で、野球部やハンドボール部などの選手が多く来院する。
診療は、問診-触診-検査(レントゲン・エコー・MRI検査)の流れで行い、保存療法を基本にしている。
リハビリでは患部だけでなく、肩障害の場合、股関節の可動域をよくする運動も行う。
全身の運動連鎖が重要になるからだ。
スポーツ選手の場合、ほとんどはオーバーユースによる疲労が多い。
学生時代(高校時代)の3年間の競技生活では、休む(動かさない)と症状を取ることはできるが、なるべく短期間の治療を求められることが多い。
肩の場合、基本的には3週間ノースローなる。 フォームを治すことが、予防にもつながるが、この際、指導する監督やコーチとの意見交換も重要になる。
「球速を上げるための運動ではなく、どうすればけがをしなくなるかを教えている」と白川院長。
選手の中には下半身が弱いケースも多く、その場合、足腰を鍛えることで肩の負担を減らすなど、患部以外のトレーニングが重要になる。
「肩の後ろの柔らかさは大切で、マエケン体操は理にかなっている。
まずは、シャドーピッチングから始め、インナーマッスルを鍛えることも大切」と白川院長は強調する。

運動器リハビリとして、全身に酸素を供給する治療法の「高気圧酸素療法」がある。
高気圧下で酸素を吸入することで、圧力に応じて血液の液体成分である血清に酸素が溶け込む。
この「溶解型酸素」が威力を発揮し、損傷組織の創傷不全などに対して有効で、スポーツ選手の早期復帰や疲労回復にも使われている。
足底腱膜炎などに効果をあげている「体外衝撃波」による治療は、テニス肘など筋肉が骨にくっつく場所での炎症に有効である。
「ドルニエ」という機械は、県内では同院だけに完備され、保険診療になっている。
このほかにもアキレス腱炎、アキレス腱付着部炎、膝蓋腱炎、疲労骨折などにも効果的とされ、疲労骨折には超音波による骨癒合を促進する機械もある。

また、最近は広島県内では2施設目(2019年)となるAPS療法に力を入れている。
変形性膝関節症の患者に有効で、患者自身の血液を約55ml採取。
採血後、自己タンパク質溶液を自己血から生成し、治療に有効な成分を抽出。
その抽出液約3~5mlを患部に注射し、自己治癒力の活性化を促す。
体への負担が少なく、痛みを早期に取ることができる再生医療である。
次世代PRP(多血小板血漿)療法ともいわれ、肉離れをした人などにも有効で、大リーグ選手にも多く取り入れられている。
ただ、今のところ自由診療で保険適用にはなっていない。

白川 泰山 理事長・院長

しらかわ・たいざん

経 歴

1992年広島大学医学部卒
同大整形外科入局
市立八幡浜総合病院、中国労災病院、原病院(兵庫県)、広島県立安芸津病院を経て、2000年マッターホルン病院着任
2003年同院院長、医療法人エム・エム会理事長就任

スポーツ歴

ゴルフ、柔道

趣味

読書、マリンスポーツ

院長の横顔

父が開院したマッターホルン整形外科。
病院名は「父が山好きだったのと、医療の高みを目指したい」との思いから名付けた。
父の専門は頚椎。その父の影響を受けて、「機能回復につながり、患者さんの笑顔につながる」と整形外科を目指す。
中国労災病院に赴任したとき、副院長が肩のパイオニアだったこともあり、肩の手術や治療を学ぶため信原病院に勤務。
プロ野球オリックスのチームドクターを担当する。
当院の理念は「Life is Motion」(生きることは動き)。
「心も体も動かそう」というアリストテレスの言葉から取った。
常にこの言葉を心に刻みながら働いている。

掲載書籍の購入

ひろしま 頼れるスポーツドクター
『 ひろしま 頼れるスポーツドクター 』
(「迷ったときのかかりつけ医」シリーズ ― 特別編)

紹介された医療施設のより詳しい情報を掲載
「Amazon.co.jp」より購入できます

このページの上へ