このサイトについて

「広島 迷ったときの かかりつけ医 評価ガイドとは?」

「広島 迷ったときのかかりつけ医 評価ガイド」は、広島県内のかかりつけ医と医療情報を紹介するサイトです。南々社が刊行する同名シリーズの書籍と連動し、書籍で紹介された情報とサイト独自のコンテンツを掲載しています。

現在は、2017年4月25日に刊行したシリーズ第一弾「乳がん、産科・婦人科、不妊診療」の内容のみを収録。今後、診療科ごとにラインナップを充実させていきます。

より良い医師を見つける目を養い、「患者力」を高め、自分に合った信頼できるかかりつけ医を選ぶガイドとして、ご活用ください。

●主なコンテンツ

  • かかりつけ医の 検索
    書籍で紹介された厳選された医療機関を「診療科目」「エリア」「フリーワード」で検索できます。
  • 書籍の立ち読み
    「かかりつけ医」シリーズの書籍について、一部PDF型式でご覧いただけます。
  • TOPICS
    書籍で紹介された最新の治療の解説記事などを掲載しています。

「広島 迷ったときの かかりつけ医シリーズ(書籍)」について

本書は、『迷ったときの医者選び広島』の姉妹編となります。前書は、専門医を紹介した評価ガイドでしたが、今回の本は、診療所(開業医)や地域に密着した医院のかかりつけ医に焦点を当てたものです。
医療評価ガイド編集部が広島の総合病院や診療所など複数の医師を取材して、信頼できる医師を推薦してもらい、地域性なども考慮して選んだかかりつけ医を紹介しています。推薦基準は、「医師本人やその家族が病気になったときに診てもらいたい、かかりつけ医」です。
書籍では医師へのロングインタビューを通して「患者にとって良いかかりつけ医とは」「安心できる治療とは何か」についてを紹介。医師の人となりやポリシー、患者への向き合い方、検査・治療の特色、総合病院との連携などー医師の本音が語られています。
今後、診療科ごとにラインナップを充実させていきます。ぜひ、お手にとってご覧ください。

「かかりつけ医」を持ちましょう

日本医師会では、かかりつけ医の定義を“なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師”としています。
かかりつけ医に、健康状態や病歴、体質などを知ってもらうことで、治療や病気の予防にも役立ちます。また、家族関係や仕事内容などの情報なども共有しておくことで、急病の対応や生活改善などにもつなげられます。
広島県の医療をリードしてきたある医師は「病院とかかりつけ医の2人の主治医を持ちなさい」とアドバイスしています。高度な検査・治療、入院が必要になった場合は、病院の専門医に診てもらい、ふだんは地域のかかりつけ医に健康管理をしてもらうことが重要だと述べています。本サイトを活用して、ぜひ、皆さんの生活にあった「かかりつけ医」を見つけてください。

良いかかりつけ医の条件

総合病院や診療所の医師たちへの取材にもとづき、良いかかりつけ医の条件について紹介します。

  1. 患者に寄り添い、親身になって話をよく聞いてくれる
    患者のこころが休まり、話していると気が楽になり、支えになってくれる。
  2. 自分の専門外や能力を越える病気だとわかったら、すぐに適切な総合病院の専門医を紹介してくれる
  3. 患者のそばにいてくれる(姿勢の)医師
  4. 手術になったら、患者の希望を聞き、納得できる総合病院の専門医を紹介してくれる
  5. 専門医と定期的に、紹介状や検査データなどで情報交換している
  6. 勉強会や研究会などに参加して、最新の治療情報を得ている